<   2010年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 お彼岸では、お迎えだんごを仏壇などにお供えします。御先祖様の魂を迎え、また送り出すための道標になります。 らくがんなどの菓子とともにお供え下さい。お彼岸の入りにご先祖様にお供えしたあとは、翌日には硬くなってしまうので焼いてやわらかくしてから、潰して砂糖醤油で美味しくお召し上がりください。また、お味噌汁の具などにしてもいただけます。

「迎え団子」 (販売期間:9/18-9/20)

 福島県産のうるち米を使ったもちもちとした食感のお団子です。(1日おくと固くなりますので必ず焼く・茹でる等、加熱してお召し上がりください。)

b0198089_11354515.jpg


「こしあんおはぎ」 (販売期間:9/18-9/26)
「つぶあんおはぎ」 (販売期間:9/18-9/26)
「ピーナッツおはぎ」 (販売期間:9/18-9/26)

 粒が大きい十勝産小豆で作った、小豆の風味豊かな自家製あんを使用しています。
中は、粒のしっかり揃った、お水の美味しい新潟は油島産の「こがねもち」です。
香ばしく、ちょっぴり塩味の効いた「ピーナッツおはぎ」もぜひお試し下さい。
b0198089_11362947.jpg


「焼きまんじゅう」 (販売期間:9/18-9/26)

 国産小麦を使ったもちもちした食感の焼きまんじゅうです。
お供えしたら、次の日にはどうぞお召し上がりください。(賞味期限:2日間)
b0198089_11374265.jpg


「らくがん」 (販売期間:9/18-9/26)

 砂糖につなぎの粉(味甚粉)を混ぜて、崩れず食べやすいように工夫しています。
中にこしあんが入って、砂糖の効いた、口当たりのいい甘さが広がります。
賞味期限は半月ほどありますので、お供えしたあとお召し上がりください。
b0198089_11382842.jpg

by kashin-kikyoya | 2010-09-19 11:56 | 秋の和菓子
 【夏の和菓子】 杏の雫(あんずのしずく)

 甘く煮た杏(あんず)と、適度な酸味のヨーグルトを「くず」で包みました。杏を贅沢に使い、ほのかな果実の風味と甘味、ヨーグルトの程よい酸味とが調和したお菓子です。
b0198089_11133592.jpg

by kashin-kikyoya | 2010-09-03 11:13 | 夏の和菓子